店舗が必要な感染防止対策

緊急事態宣言解除後に必要な取り組み

政府は5月14日にも一部の地域で「緊急事態宣言」を解除される見込みです。解除される地域は、「北海道・東京・埼玉・千葉・神奈川・大阪・京都・兵庫」です。

ただ宣言が解除されたとしても、引き続き感染拡大防止の取り組みは必要となります。研究者によっては1年から2年は必要との報告もあります。

このような中、企業・店舗も万が一クラスターの発生となると、店舗の閉鎖・消毒などが必要なことから、感染防止の対策を強化する必要があります

感染防止の対策例

  • お客様のソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保する
  • スタッフはもちろん、お客様へマスク着用をお願いする
  • スタッフの定期的な手洗い
  • 店舗入り口に消毒液を設置する
  • 店舗入り口での検温
  • 店舗座席の配置変更(向かい合わせにならないように等)

弊社では、床用のソーシャルディスタンスサインやガラスに貼る感染防止対策向けシールを販売しています。

是非ご利用ください。

コメントを残す

Main Menu